マンネリからの脱出

夢がない人でも、思い出すことはできます。小さい頃、大人になったら何になりたかったか・どんな夢を持っていたかを思い出すことができます。大工になりたかったとか、サッカー選手になりたかったとか、野球選手になりたかったとか、総理大臣になりたかったとか、必ず何かあったはずです。確かに、大人になった今では、幼いころの夢を叶えるのは難しいことです。しかし、自分が小さかった頃、将来を夢見てワクワクしたのは思い出すことができるでしょう。やはり、いつまでたってもその「ワクワク」の気持ちは大切ではないでしょうか。ひょっとすると、もう大人になってほとんど不自由することなく生活ができているかもしれません。そのため、もはや何かに挑戦しようとか、難しい課題に取り組もうといった気持ちは感じないかもしれません。マンネリの生活です。そこで、また幼いころのように夢を持ってみてはいかがでしょうか。また「ワクワク」の気持ちを楽しめることでしょう。
夢は、簡単にはたどり着くことができないものです。色々なことを考えて・計画をして・挑戦して・失敗して、やっとの思いでたどり着けるものです。決して、楽なものではありません。しかし、一度でもその夢にたどり着くと、何と爽快な気分になることでしょう。達成感は、本当に気持ちのいいものです。マンネリの生活と対極です。だからこそ、いつになって夢を持つこと・挑戦し続けることは大切なのです。そのように夢を持ち続けるのであれば、いつまでも若々しい自分を保つことができます。